So-net無料ブログ作成
検索選択
スキルアップ ブログトップ

「ひらめき」の情報源と戦略的収集方法 [スキルアップ]

仕事に限らず、日常生活の工夫であっても、ふと思いつく「ひらめき」によって何かの問題解決に役立つことがあるは誰にでもあることではないでしょうか。

その情報源の代表となるのは、テレビや新聞、そしてインターネットであるでしょうが、「ひらめき」の瞬間というのは、「風呂に入っている時」「散歩をしている時」「電車から風景を見ている時」、そして「夢の中」なんていうのも聞いたりします。「通勤電車から見ていた某製鋼会社の工場が急速に大きくなったので初めて株を買ったところ、大儲けした」と言う話もあるそうです。

その他の情報源となるものに、書籍や雑誌、ラジオ、人脈、研修会、見学、海や山等の風景、家族や同僚等の話、旅行中の見聞や体験、学校での勉学、店舗や街中の景観などなど、身近で接するものはいくらでも挙げられます。

「ひらめき」、「思いつき」に役立つ情報源は、スポーツ・芸能・文化・政治経済・経営・技術・医療等の分野によって異なります。問題解決につながるようなアイデアが思いつく瞬間というのは、日頃から情報収集した努力の結晶です。

欲しい情報を偶然手に入れることを期待するだけでは長続きはしません。常日頃から問題意識と解決に必要な情報収集手段を明確に持つ必要があります。

情報収集法の一つとして、戦略的手法があります。それはそれぞれの情報収集力に限界があると考えると、優先する情報源を限定することです。例えば、「インターネットと人脈」「新聞と実地研修」を中心にする等です。

私だったら「テレビとインターネット」を中心にすることが戦略といえるような気がします。それから確か歴史に名を残す人々は夢でよく大発見をしたなんてことも聞きます。夢も大事にしたいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
スキルアップ ブログトップ