So-net無料ブログ作成
検索選択
社労士受験勉強 ブログトップ

平成27年度社会保険労務士試験 合格発表まで2週間 労一1点望む! [社労士受験勉強]

150px-Shakaihokenroumushi_badge.jpg

平成27年度(第47回)社会保険労務士試験の合格発表まで2週間を切りました。11月6日の合格発表ではどんなドラマが待っているのでしょうか。

過去の試験結果情報を掲載します。

年度(回) 申込者数 受験者数 受験率 合格者 合格率 選択式  択一式
27(47)  52,600名
26(46)  57,199名 44,546名 77.9% 4,156名 9.3% 26点(2) 45点(1)
25(45)  63,640名 49,292名 77.5% 2,666名 5.4% 21点(4) 46点(0)
24(44)  66,782名 51,960名 77.8% 3,650名 7.0% 26点(1) 46点(0)
23(43)  67,662名 63,392名 78.9% 3,855名 7.2% 23点(5) 46点(0)
22(42)  70,648名 55,445名 78.5% 4,790名 8.6% 23点(4) 48点(0)
21(41)  67,745名 52,983名 78.2% 4,019名 7.6% 25点(3) 44点(0)
20(40)  61,910名 47,568名 76.8% 3,574名 7.5% 25点(3) 48点(0)
19(39)  58,542名 45,221名 77.2% 4,801名 10.6% 28点(0) 44点(0)
18(38)  59,839名 46,016名 76.9% 3,925名 8.5% 22点(5) 41点(2)
17(37)  61,251名 48,120名 78.6% 4,286名 8.9% 28点(1) 43点(0)
16(36)  65,215名 51,493名 79.0% 4,850名 9.4% 27点(1) 42点(3)

*選択式と択一式の点数の後ろの( )内の数字は救済科目数。16年、20年、22年、25年は1点救済がありました。

私の今回の成績は、選択式27点、択一式45点で選択労一が1点です。

労一1点救済ありますよーに!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

おすすめの社会保険労務士試験のテキスト&問題集ベスト3 [社労士受験勉強]

社会保険労務士になろうと決心した人でスクールに通うか独学で行くか迷う人も多いでしょう。独学する場合はテキストと問題集の選択にも悩むと思います。私は平成19~27年のうち合計7回受験しました。そのうち平成19、20、21、22、23、25年の6回は独学、平成27年はスクールを選択しました。

これらの受験経験を、これから社会保険労務士試験を受験する方々に役立ててもらいたいと思ってまとめてみようと思います。

学習記録

平成19年 テキスト=速習レッスン ユーキャン 問題集=過去&予想問題集 ユーキャン

平成20年 テキスト=ユーキャン通信講座 問題集=ユーキャン通信講座

平成21年 テキスト=ユーキャン通信講座 問題集=ユーキャン通信講座

平成22年 テキスト=出る順社労士 必修基本書 LEC 問題集=ウォーク問選択式マスター LEC

平成23年 テキスト=出る順社労士 必修基本書 LEC 問題集=ウォーク問選択式マスター LEC 及び 条文順過去問題集(シリーズ) iDE社労士塾

平成25年 テキスト=出る順社労士 必修基本書 LEC 問題集=一発合格!選択式トレーニング(シリーズ) 資格の大原 及び 条文順過去問題集(シリーズ) iDE社労士塾

平成27年 テキスト=速習レッスン ユーキャン 及び 大栄座学 問題集=一発合格!選択式トレーニング(シリーズ) 資格の大原&ナンバーワン社労士 合格のツボ(選択対策、択一対策) TAC&ナンバーワン社労士 必修横断整理 TAC そして大栄過去問、答練

結果一覧

学習記録による私の成績は下記の通りでした。

平成19年 第39回 選択式 19点 択一式 21点
平成20年 第40回 選択式 20点 択一式 31点
平成21年 第41回 選択式 27点 択一式 40点
平成22年 第42回 選択式 30点 択一式 46点
平成23年 第43回 選択式 29点 択一式 42点
平成25年 第45回 選択式 21点 択一式 40点
平成27年 第47回 選択式 27点 択一式 45点(自己採点)

平成19年は記念受験といった感じだったと思います。平成21年と平成22年はユーキャンの通信講座で受験しましたが、平成22年については結構頑張った年でした。平成23
年と平成25年は低迷しましたが、テキストと問題集の選択はよかったと思っています。そして迎えた平成27年。満を持して迎えた試験、結果は残しました。

おすすめテキスト&問題集 ベスト3

私の経験により選んだテキストと問題集のベスト3は下記の通りです。

おすすめテキストベスト3
1.出る順社労士 必修基本書 LEC
2.速習レッスン ユーキャン
3.ナンバーワン社労士シリーズ TAC


おすすめ問題集ベスト3
1.一発合格!選択式トレーニング(シリーズ) 資格の大原
2.条文順過去問題集(シリーズ) iDE社労士塾
3.ナンバーワン社労士 合格のツボ(選択対策、択一対策) TAC

テキストはベスト3の中から自分に合いそうなものを選んで、問題集のベスト1~3をひたすら回す、それで合格ラインには達すると思います。ただし、択一式については問題集で何とかなるとして、選択式については平成27年の労一のように、どうしようもならない時があります。運も実力のうちといったところでしょうか。検討を祈ります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

平成27年度 第47回社会保険労務士試験 選択労一の1点救済はあり得る? [社労士受験勉強]

平成27年度 第47回社会保険労務士試験 で選択式27点、択一式45点、選択労一1点と何とも言い難い点数を誇る私ですが、労一1点救済の望みをまだ捨てきれていません。

そんなしてたら、何年か前から気にして見ていた「銀次郎の合格サプリ」というサイトで、第47回の労一救済はありえるというではありませんか!

さて、銀次郎さんはサイトでTACのデータリサーチで、ある4項目の条件をすべて満たしたのは平成15年以降、選択式全104科目中、6科目あったのだとか。その6科目というのは以下のもの。

27年 労一 ?
25年 社一 1点
25年 労災 2点
25年 健保 2点
20年 健保 1点
22年 国年 1点

ある条件というのが選択式の試験で下記のもの
[1] 平均点「2.3」以下
[2] 2点以下割合「50%」以上
[3] 1点以下割合「20%」以上
[4] 0点割合「5%」以上

これを見て、なんで平成25年の労災と健保は1点?と考えるかもしれませんが、「1点」補正相当の科目が複数存在する際は、1点以下および0点割合の最も高い科目を「1点」補正とするという原則が存在するのではと銀次郎さんは言っています。

非常に説得力のある内容で元気がでました。でもやっぱり結果がでるまでは悶々とした日々が続くのでしょうね。

銀次郎の合格サプリ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

平成27年度 第47回社会保険労務士試験 TAC本試験分析 [社労士受験勉強]

資格スクールで定評のあるTACの本試験分析が発表されたようです。

私は選択式27年、択一式45点となんとかボーダーぐらいにはいるのですが、何しろ労一が1点というなんとも歯がゆい思いをしています。

第47回社労士試験について、TACの予想は下記の通り。

選択式 22~23点 救済なし
択一式 42~43点 救済は労一、労災、健保 労一の1点の可能性は低い

まだ望みは捨ててはいませんが、やっぱり1点救済は奇跡が起きるのを期待するしかないのでしょうね・・・。

詳しい内容は下記でどうぞ。
http://www.tac-school.co.jp/file/tac/sokuhou/sharosi/pdf/kouhyou1509.pdf
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第47回 社会保険労務士試験を終えて [社労士受験勉強]

去る平成27年8月23日、第47回社会保険労務士試験が開催されました。
私は熊本で受験しましたが、天気は晴れ。おととし受験した時は土砂降りの雨で服も靴もビショビショ。とにかく晴れてよかったです。
合格発表は11月6日でずっと先ですが、自己採点した結果は下記の通り。

選択式 27点
択一式 45点

うーん微妙としか言いようのない点数です。
しかも、なんと労一が1点!
ガーン、終わったと思いました。

もういいや、と思いつつも、やっぱり世間の状況が気になり、資格スクールの平均点や「2ちゃんねる」の書き込みを見ることに。

すると、今年の試験の難易度がかなり高かったらしく、スクールの予想は選択式が23~24点、択一式が42~43点といったところ。しかも、選択の労一の難易度が非常に高かったらしく、もしかしたら通常3点以上のところ1点救済の可能性もありそう。

望みを捨てず、合格発表を気長に待とうと思います。

さて、今年の社労士の試験で不合格になら、しばらく最後にしようと思っています。というのも社労士事務所に勤めているならまだしも、会計事務所に勤めていてこの試験を受け続けるのは仕事に影響すると考えたからです。本業の糧にするため税理士試験に方向転換します。

そもそも、会計事務所jに入って税理士の受験資格がないから、受験資格が得られる3年間に受かろうとして受験した社労士。机をひっくり返し成績表を見てみると、古いものでなんと平成19年のものがありました。平成26年を受けなかったのは覚えているのですが、平成24年の成績表もなかったので多分受験しなかったのでしょう。かれこれ9年、7回も受験しているではありませんか。

改めて自分の気の長さに脱帽しました。ついでに成績も見てみました。

平成19年 第39回 選択式 19点 択一式 21点
平成20年 第40回 選択式 20点 択一式 31点
平成21年 第41回 選択式 27点 択一式 40点
平成22年 第42回 選択式 30点 択一式 46点
平成23年 第43回 選択式 29点 択一式 42点
平成25年 第45回 選択式 21点 択一式 40点

すべて独学での受験です。平成22年の第42回で受かった!と思ったのですが、なんと択一式の基準点が48点と撃沈。今年は、初めて20万円かけて学校に通って受験しました。ただ、勉強時間がやはり足りませんでしたね。多分、勉強時間は平均1~2時間/日だったと思います。学校の座学と過去問、そして答練では足りないと感じ、追加したテキストと問題集は下記の通り。

ユーキャン 速習レッスン
資格の大原 一発合格!選択式トレーニング問題集1~5
TAC ナンバーワン社労士 合格のツボ 択一対策

それにしても、社労士の試験は全ての問題で足切りがあるので非常に厄介です。わたしは勉強不足で基準点に足りないことが度々でしたが、足きりの悔しさを今年も味わうのでしょうか・・・。

長かった社労士の受験生活に区切りをつけ、税理士の受験生活に切り替えます。ダブルライセンス、実現出来るかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国民年金法の答練で凹む [社労士受験勉強]

8月23日は平成27年度の社会保険労務士の試験ですが、あと余すところ1か月とちょっと。今年は必ず受かろうと20万円の大枚をはたいて学校にも通っています。

本日、国民年金法の答練を受けてきましたが、選択式が20点満点中14点でまあまあ。ただし、選択式が20点満点中7点と撃沈。

ここにきてかなりショックでした。年金は不得意だと認識はしていたものの、残りの時間で巻き返しが図れるがちょっと不安。

余計なこと考えても時間の無駄なので、時間の許す限りテキストと問題集を繰り返すだけです。

とにかく大原の「合格式トレーニング」とTACの「合格のツボ 択一対策」を回して頑張ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
社労士受験勉強 ブログトップ