So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事の着手を早めて成果を出す [仕事術]

スポンサードリンク




仕事の着手を早めて成果を出す

困難が予想されるような仕事、又は苦情処理のような不愉快な仕事は、つい先延ばしにしがちです。

また、日常の仕事でも、元気が無かったり気分が塞いでいたりすると、仕事の着手に躊躇することがあります。

極端な場合は、午前中にすべき仕事を先送りして夕方にようやく着手したり、何回も一日延ばしを繰り返したりします。

一日延ばしは、計画の実行に着手しないで立ち消えにする最大要因かもしれません。

仕事の成果は、決めた事を迅速に実行する事で生まれます。

一般に困難な仕事や不愉快な仕事は、実行すれば大きな成果になるでしょう。

そこで、仕事の着手に躊躇した時は、一般に最大の原因となる「その仕事をする気分にならない」点をを振り払う事が必要です。

仕事はその日の気分に左右されず、予定に従って行動本位で着手することが確実な成果を上げるコツです。

具体的な手法の例を挙げてみます。


①企画書や報告書等を書くような仕事であれば、内容の良悪に関係なく一行でも書き始める

②アポイントメントを取るような仕事であれば、電話を掛けて取敢えず1件でも獲得する

③準備の時間に制限を設けて、着手の時刻を厳守する

④午前に着手する予定を午後( しかも終業時間の間際) や翌日に先送りするような悪癖を絶対しない


スポンサードリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました