So-net無料ブログ作成
検索選択

猛暑日とは最高気温が35℃以上の日のことだそうです [雑学]

スポンサードリンク




猛暑日とは35℃以上の日のことだそうです。

このような猛暑日などは気象庁が防災にかかわる用語について一般利用者の視線に立った明確さ、平易さ、聞き取りやすさのため、天気予報や気象情報、解説等で用いる「予報用語」を定めています。

夏日 ・・・・・日最高気温が25度以上の日。

真夏日・・・・・日最高気温が30度以上の日。

猛暑日・・・・・日最高気温が35度以上の日。

熱帯夜・・・・・夜間の最低気温が25度以上のこと。

冬日 ・・・・・日最低気温が0度未満の日。

真冬日・・・・・日最高気温が0度未満の日。

以上はよく耳にする用語ですが、ゲリラ豪雨というのがありますが、これは正式な気象用語でなないですが、おおかた「集中豪雨」と同義で、大気の不安定により突発的で天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨を指すします。従来から使用されていた「驟雨(にわか雨)」や集中豪雨、夕立といった言葉をマスメディアなどが代用した表現で、2008年には新語・流行語大賞トップ10に選出されています。局地豪雨、ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もあるようです。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました