So-net無料ブログ作成

医療法人が請負契約する場合の印紙税は? [印紙税]

スポンサードリンク




お客様から問い合わせがあって、「清掃業者と1年間の清掃契約をするのだけれど印紙税は?」と聞かれました。

結論としては必要。

最初必要ないんじゃないかと考えたりしましたが、印紙税が非課税とされているのは印紙税法の第5条に規定されています。

(非課税文書)
第五条  別表第一の課税物件の欄に掲げる文書のうち、次に掲げるものには、印紙税を課さない。
一  別表第一の非課税物件の欄に掲げる文書
二  国、地方公共団体又は別表第二に掲げる者が作成した文書
三  別表第三の上欄に掲げる文書で、同表の下欄に掲げる者が作成したもの

国や地方公共団体その他それに準ずる行政機関などしか非課税の対象とされていません。公益法人も入りそうですが、別表2にはその記載はありません。ということは印紙税の課税対象になるというわけです。

領収書の印紙は営業に該当する場合の受取書が印紙税の対象となるので、営業に該当しない士業関係の発行する領収書は非課税とされています。医療法人も公益を目的としているので、領収書を発行する場合は非課税です。

それから、7号文書といわれる継続的取引の基本となる契約書の印紙税は営業者である場合が対象となるようで、医療法人は非課税となるようです。

領収書が非課税だから他の文書も非課税と思い込んでしまいそうですが、気を付けましょう。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。