So-net無料ブログ作成

水槽のエアーポンプをソーラーで稼働 [趣味娯楽]

スポンサードリンク




80Ahはその蓄電池が80Aで1時間使用できるということです。

もちろん経年劣化や電池の劣化もありますので新品フル充電状態が条件ですが。
我が家のベランダには超小型ソーラー発電所があります。10Wのソーラーパネルにチャージコントローラーと車のバッテリーを接続しています。その充電した電気を何に使っているかというと、何と!ザリガニ用のエアーポンプに使っているのです。

妻に「ばっかじゃないの!」と言われてしまいましたが、約1万円かけて10Wソーラーシステムを構築しました。使った機材は次の通り。

・10Wソーラーパネル ヤフオクでチャージコントローラー PWM LTD1210N、送料を合わせて約4,000円
・バッテリー HITACHI国産車バッテリー40B19L amazonで約3,000円
・インバーター BAL ( 大橋産業 ) 3WAYインバーター 120W amazonで約2,000円
・その他部品 約1,000円

これらを組み合わせて、マンションのベランダの物干しポールにソーラーパネルをうまく設置して、発電スタートとなりました。そこまではよかったのですが、チャージコントローラーが照明用のもので、想定していたものではないことに後から気付きました。

私が想定していたのは、「一日中充電しながらエアーポンプを動かす装置」だったのですが、買ったのは照明用のもので夜しか稼働しないものでした。まあ、遊び半分で作ってみたし、そんな高くなかったので勉強代ということで納得。そして、一日のうち最高12時間程度しか稼働しない、我が家のエアーポンプが動き始めました。

順調に稼働していたのですが、1週間ほどたったある日、エラー音がしてポンプが止まっていました。チャージコントローラーのエラーランプを確認するとバッテリーの電圧低下の表示が。最初計算した時は12時間稼働させてもトントンぐらいの消費電力、とざっくり計算したのですが、もう一度計算してみることに。

買ったバッテリーは5時間率で28Ah。12Vのバッテリーなので、

28Ah×12V=336Wh

これをポンプの消費電力1.5Wで割ると、

336Wh÷1.5W=224h≒9.3日

なんか10日くらいでエラーが出たのは気のせい?

考え方を変えて、一日にどれくらい発電するか確認。日本の平均日照時間は3.5時間位らしく、パネル出力10Wをかけると一日の発電量は35Wh。ということは、

35Wh÷1.5W=23.3時間

あれ?一日の発電量でほぼ一日稼働できることになる・・・。相当発電効率が悪いのか、私の計算が悪いのか・・・。今のところ4時間ポンプを動かしてバッテリーのフル充電を維持しています。もう少し、勉強と実験が必要ですね。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。